卒業式に向けて

会員交流委員会です。

卒業式まで…

残り1ヶ月をきりました。

言葉にできないほどの感謝。

卒業生のみなさまと過ごしてきた日々は、

けっして、楽しいことばかりではありませんでした。

苦しいこと、思い通りにならなくて、言い合ってしまったこともあります。

しかし、それがあったからこそ、今の私たちは、地に足をつけ、しっかりとした軸をもち進めれている。

感謝しかありません。

その想いを今年は、

現役メンバー全員で伝えたい。

卒業生が、JC最高だったわ!と最後に心から思えるような卒業式を執り行いたい。

私たちの頭の中にあるのは、卒業生の蔓延の笑み。

しっかりと準備進めて参ります。

会員交流委員会

西橋理恵

6CEB00CE-B0BA-4FA7-BC9A-C78C70DF3AA8

委員会訪問

会員交流委員会です。

卒業式に向け、心をひとつにするため、

委員会の大切な時間をいただき、各委員会を回らせていただいております。

本日は若手の松下さんより思いの丈をぶつけていただきました!

やりましょうやりましょうやりましょう!メンバー全員の記憶に刻む卒業式を!!

やりましょうやりましょうやりましょう!

現役メンバー全員で!!届けましょう。

こころのおもいを!

 

 

会員交流委員会

西橋理恵

10月定例会に向けて

会員交流委員会です。

本日は明日の10月定例会にむけて、事前リハーサルを行っています。

卒業生スピーチが始まり、毎回毎回緊張が続きます。

ミスをしないことが当たり前。

卒業生が我々現役メンバーに伝えたいこと、残したい想いを100%伝えられる設営や空気感を作っていくことが、私たち会員交流委員会の役割だと思いながら、準備を進めています。

10月定例会も全メンバーにとって有意義な時間となりますように。

全力設営がんばります!!

819E2950-09BB-46C4-A7BD-1A72C465A544

 

任せて任せず

本日3月15日金曜日、産業会館5階会議室にて、

『第2回研修会』が開催されました。

理事長を務められた柴原OB

と、

組織力向上委員会が誇る金田さんのお話しを聞きに、オブザーバーで参加してきました。

みなさんはなぜ、JCをしていますか?

自分の中の目的はありますか?

JCって何をする所なんですか?

 

 

JCは、『組織でまちづくりをしているところ』

だと、柴原OBは、おっしゃいました。

組織だからこそ、組織のルールがある。

そして皆会費が同じだということは、

皆が平等だということ。

その中でも委員長や、その上の人間は、人を動かしていかなくてはいけない。

そこで大切なのは、

『人間力』

あの人のためなら!俺はやる!

この言葉…

たしかによく耳にします。

では、人間力ってどうやったら磨かれると思いますか??

柴原OBのお話しの中にヒントは隠されていました。

それは

『配慮』

という相手を想う気持ち。

◉委員会に欠席したメンバーに資料を届けることも、ひとつの配慮

◉会議や打ち合わせでも、相手が全力で迎えるように資料を準備しておいたり、サポートすることも配慮

相手を想う気持ちは、

会社を経営するうえでも、

まちづくりをしていくうえでも、

ひとを育てていくうえでも、

全てに直結していて、それができることで、

すべてが好循環していくかもしれない。

最後に

質疑応答であった柴原OBの教訓①

松下幸之助の『任せて任さず』

一人でやろうとせず、任せるとこは任せる

たしかに。

JCは本気で向き合えば向き合うほど奥が深い

 

会員交流委員会

西橋 理恵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2回研修会まもなく開催

人財グループ

組織力向上委員会の前期研修会員第2回研修会がまもなく始まります!

本日はOB講演&日本人の歴史講演会

事前に、マナー、名刺交換について、渡邊くんと西田くんが説明を行っています!!

組織力向上委員会のみなさん

研修会員のみなさん

頑張ってください❗️❗️

第11回会員交流委員会

2月27日水曜日文化センターにて、第11回会員交流委員会を開催致しました。

本日のテーマは

◉2月定例会振り返り

◉委員会アワー

について討議を行いました。

委員会アワーについては、

今年のテーマである、

“伝える”

“伝わる”を軸に起き、

アワーの目的をしっかりと共有し、

メンバー全員が、

各委員会の今年の方向性や想いを共有できる何か…

を、あと数日で模索することになりました。

深く深く掘ることで、見えてくるものがある。

正解はないし、正しいことも存在しない中で、

深く掘り下げて、それを実行し、またそれを検証して、もっともっといいものに変えていこう!

これは、JCだからこそできることで、他では学べないことだと私は思っています。

これができるのも、会員交流委員会には、ベテラン勢が多くいてくださるおかげ。

いままでやってきたからこそ言える言葉や思考があり、それをおしみなく出してくれるベテラン勢。

本当に勉強になります。

4月定例会に向けて、メンバーの貴重な意見を拾いながら、資料を作成していきます。

委員会に来れていないメンバーは、しっかりアフターフォローをさせていただき、委員会メンバー全員で目的を達成してまいります。

会員交流委員会

西橋理恵